道志村長 挨拶

      道志村長 長田 富也

 

 道志村は山梨県の東南端、神奈川県との県境に位置し、関東に誇る清流道志川の源流域に属し、緑豊かな山々に囲まれた山村で、古くから「道志七里」とよばれています。村の約95%が山林となっており、標高も村内で400mから900mと差があり、東西に28kmある村の端と端では季節も一月違うという特徴を持っています。

 首都圏と富士山の間に位置する道志村は、都心から70km圏内と近く、新宿から車で90分の距離にあり、村を走る国道413号は首都圏と富士北麓地域への通り道として、夏には京浜方面を中心に多くの観光客で賑わっております。村内には様々な特色あるキャンプ場が約30あり、都心からのアクセスが良い大自然の中のキャンプ場地帯として多くのアウトドアファンから人気を得ています。

 村の中央を流れ神奈川県に注ぐ道志川は、「赤道を越えても腐らない水」と賞賛される清流で、明治30年から横浜市上水道の水源として利用され、村内には村面積の3割に及ぶ横浜市の水源涵養林があり、水を縁とした交流をより深めるため「横浜市と道志村の友好・交流に関する協定」を締結し、「横浜市民ふるさと村」として横浜市民の方に親しまれています。

 道志村は明治22年の村政施行以来長い歴史の中で、豊かな自然環境を守り、それぞれの時代背景に対応し、先人たちの英知と努力によりさまざまな施策を積極的に進めてまいりました。私も村政を担う者として古き良き伝統文化を守りながら、新しい感覚を積極的に取り入れ、バランスく道志村の発展の為に組んでいき、「道志村福祉村構想」を基本とし、んでみたいんでよかった実現「高齢者が安心できる村づくり」「子育てにやさしい村づくり」「安全で住みよい村づくり」を住民の皆様と共に邁進していく所存でございます。

 

 まず、少子高齢化道志村で例外ではなく、このままでは活力低下は免れず人口減少に道志村の切実課題となっておりますでも年々増加する高齢化対策として、一貫した施策が必要と考え、その指針となる「道志村福祉村構想」を策定し、地域密着型老人福祉施設などの誘致を進め、雇用の場を創出する事で高齢者を支える定住人口を増やし、高齢者が安心して過ごす事ができる福祉の村づくりを進めてまいります。子育支援経済的支援合わせ育児サービスの拡充などソフト面の充実を図ります。教育施設につきましても、耐震基準を満たさない施設については、順次建替えを進め、道志の材木をふんだんに使用した温もりのある施設で、将来子供たちに道志村でしかできない教育を受けてもらい、様々な施策と合わせ安心安全子育支援っていきたいと考えます

 

 そして、近い将来必ず発生すると言われている東海沖地震、首都直下型地震、富士山噴火等の大規模災害に備え、道路の分断による孤立化が懸念されている道志村においては、国道413号のバイパス化、県道都留~道志線の防災トンネルの整備は喫緊の課題となっております。両道路共に緊急輸送道路に指定されており、災害時の避難路としても重要な役割を担う為、早期実現に向け関係機関との調整を図ります。

 

 結びに、道志村を訪れる皆様方にお知らせいたします。道志村は小さいながらも四季の表情豊かな自然に恵まれた村であり、新しい感覚を取り入れた多様な事業により村の更なる発展の為、努力して参りますので、ぜひ皆様道志村にお越し下さい。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

お問い合わせ

〒402-0209
山梨県南都留郡道志村6181番地1
TEL.0554-52-2111
FAX.0554-52-2572

お問い合わせはこちら