住民健康課

[住民健康課]

村税・各種保険料はこちらで納めてください。

[住民健康課]

[住民健康課]

戸籍・住民基本台帳、国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険、年金、高齢者・児童・子育て、健康、ペットなど住民健康課が所管する届出はこちらです

[住民健康課]

国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険の
各種届出、手続きはこちらから

[住民健康課]

本人確認書類の提示にご協力をお願いします。

[住民健康課]

[住民健康課]

道志村住民健康課で発行している各種証明書や手続き等の手数料です。

[住民健康課]

転入、転出、転居など住所に関する異動や世帯に関する変更など届出が必要な方は、住民健康課(0554-52-2113)までお願いします。

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

[住民健康課]

戸籍謄抄本等の郵送請求をご希望の方はこちらです

[住民健康課]

村が実施する健診や各種健康教室はこちらから

[住民健康課]

ポイントを貯めることを楽しみにしながら、健康づくりへの関心や習慣を高め、村民全体の健康増進を図ります。

[住民健康課]

[住民健康課]

40歳になられる方へ健康手帳を交付しています。

[住民健康課]

妊娠を望み不妊治療を行っている夫婦に対し、その治療費の一部を助成します。

[住民健康課]

国民健康保険のページはこちらです

[住民健康課]

★出産育児一時金★
 国保の被保険者(加入者)が出産したとき、世帯主の申請により、1児につき420,000円を支給します。(産科医療保障制度対象外の場合は390,000円)(妊娠85日以降であれば死産、流産も含みます。)
※ほかの健康保険から出産育児一時金が支給される場合は、国保からは支給されません。

[住民健康課]

交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)の行為でケガをした場合でも国保を使って治療を受けることができます。

[住民健康課]

国保に加入・脱退するときは、世帯主が届出をしなければなりません。また、届け出なければ受けられない給付もあります。次のようなときは、必ず14日以内に国保の担当窓口に届出をしましょう。

[住民健康課]

★葬祭費★
国保の被保険者が死亡したとき、葬祭執行者に50,000円を支給します。
※ほかの健康保険から葬祭費が支給される場合は、国保からは支給されません。

[住民健康課]

介護サービス計画にもとづいた、さまざまなサービスの内容や全国の「介護サービス事業所」の情報が検索・閲覧できます。

[住民健康課]

道志村では、平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業を開始します。

[住民健康課]

交通事故等により要介護状態になった場合や、状態が悪化した場合は、住民健康課へ届け出をお願いします。

[住民健康課]

平成29年度介護支援専門員実務研修受講試験の案内を6月7日(水)から配布しています。

[住民健康課]

平成28年1月からマイナンバー(個人番号)制度が始まりました。役場での手続きの際に、マイナンバーが正しいこと(番号確認)や、マイナンバーが正しい持ち主であることの確認(身元確認)をしています。各種申請書などの提出の際は、マイナンバーおよび本人確認ができる書類の提示にご理解とご協力をお願いします。

[住民健康課]

この度、平成28年度に整備を計画している地域密着型介護老人福祉施設の事業予定者を公正かつ円滑に決定するため、公募によるプロポーザル方式を実施し、委員会でのプレゼンテーション及びヒアリング審査を経て、審査の結果、以下の事業者を選定しました。

[住民健康課]

このたび、道志村高齢者保健福祉計画及び第6期(平成27~29年度)介護保険事業計画を策定しました。

[住民健康課]

平成26年8月に実施した「日常生活圏域ニーズ調査」の結果をお知らせします。

[住民健康課]

一人で悩まないで下さい。
保健師や認知症介護の経験者であるわたしたちにお話を聴かせてください。

[住民健康課]

平成27年4月から介護被保険者証の様式が変更になります。

[住民健康課]

以下の福祉資格を取得された方に費用の一部を助成します。
○ホームヘルパー2級
○介護福祉士
○介護支援専門員

[住民健康課]

平成26年4月からの消費税引き上げに伴い、介護報酬の改定が行われます。これにより、区分支給限度基準額も平成26年4月より引き上げられます。

[住民健康課]

在宅で介護をしているご家族に慰労金を支給します

[住民健康課]

認知症とは「一度獲得した知的能力が、脳の後天的な変化(病的変化)により著しく低下した状態」といわれています。つまり、脳や体の疾患を原因として、記憶や判断力などの障害がおき、日常生活まで支障をきたすようになった状態です。

[住民健康課]

このたび、道志村高齢者保健福祉計画及び第5期(平成24~26年度)介護保険事業計画を策定しました。

[住民健康課]

介護保険サービスに関する情報はこちらから

[住民健康課]

介護保険に関する各種様式をダウンロードできます。

[住民健康課]

介護保険のページはこちらです

[住民健康課]

65歳以上の方(第1号被保険者)は、次のようなときに届出が必要です。

[住民健康課]

介護保険制度は、それぞれの市区町村が運営しています。40歳以上のみなさんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となったときには、介護サービスを利用できるしくみとなっています。

[住民健康課]

「猫との約束」について、賛同していただける方にさし上げます。
欲しいという方は住民健康課までお問い合わせください。

[住民健康課]

平成29年度狂犬病予防注射を下記のとおり実施しますので、最寄の会場で受けてください。
犬の飼い主の方は狂犬病予防法により年1回狂犬病予防注射が義務付けられています。

[住民健康課]

毎年9月20日から26日までの7日間は動物愛護週間です。

[住民健康課]

平成27年度より犬鑑札及び狂犬病予防注射済票の様式を変更いたします。

[住民健康課]

犬の適正飼養の普及を目的とした犬の飼い方教室を開催いたします。

[住民健康課]

猫の適正飼養の普及を目的とした犬の飼い方教室を開催いたします。

[住民健康課]

ノラ猫に餌をあげていたら子猫を連れてきた。
庭の犬がいつの間にか子犬を産んじゃった。
こんなことありませんか?

[住民健康課]

動物愛護に関するページはこちらです

[住民健康課]

犬の所有者は、生後91日以上の犬について、犬の登録をしなければなりません。(生涯1回)

[住民健康課]

[住民健康課]

平成20年4月、75歳以上の方を対象(被保険者)とする医療保険制度『後期高齢者医療制度』が創設されました。
後期高齢者医療制度は、都道府県単位で新たに設立された特別地方公共団体が、その保険料の賦課や被保険者の資格管理等の事務を行います。

[住民健康課]

後期高齢者医療制度被保険者がお亡くなりになった場合、葬祭を執り行った葬祭執行者に葬祭費が支給されます。

[住民健康課]

交通事故など、第三者の行為によってけがや病気をした場合でも、届け出により後期高齢者医療で医療を受けることができます。この場合、後期高齢者医療が一時的に医療費を立て替え、後に加害者に請求することになります。

[住民健康課]

後期高齢者医療保険制度はこちらです

[住民健康課]

[住民健康課]

道志村における保育所や学童保育、児童手当、ひとり親医療など子育てにおける情報のページになります。

[住民健康課]

[住民健康課]

近年,特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動がいわゆるヘイトスピーチであるとして社会的関心を集めています。こうした言動は,人々に不安感や嫌悪感を与えるだけでなく,人としての尊厳を傷つけたり,差別意識を生じさせることになりかねません。

[住民健康課]

平成29年6月26日(月)から7月2日(日)までの7日間は、
全国一斉「子どもの人権110番」強化週間です。

[住民健康課]

人権擁護委員は、市町村において地域住民の人権が侵害されないよう常に注意を払い、もし、人権が侵害されたときは、その相談を受け、被害救済のためすみやかに適切な処理をとるとともに、人権の大切さについての理解を深めるための活動をおこなっています。
また、人権擁護委員は、人格識見が高く、人権擁護に理解のある人を村長が推薦し、法務大臣から委嘱されます。任期は3年です。

[住民健康課]

《平成28年度啓発活動重点目標》
「みんなで築こう 人権の世紀」
~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~

[住民健康課]

◎人権相談とは

家庭内のもめごとや隣近所とのトラブル、いじめや差別などの相談に人権擁護委員が応じます。
人権擁護委員は相談を受けると、その内容を十分に聴いた上、権利を守るために必要な手続きを助言するなど、それぞれの場合に応じた解決の手助けをします。

[住民健康課]

毎年12月10日は人権デーです。12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を「人権週間」と定め、広く人権意識の高揚を呼びかけていきます。

[住民健康課]

女性をめぐる様々な人権問題の解決を図るための人権相談活動を強化するため、全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間を実施します。

[住民健康課]

毎年7月は「社会を明るくする運動」の強調月間です。

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行をした人の立ち直りについてみんなで考え、犯罪や非行が起きない社会をつくろうという全国で行なわれている運動です。

[住民健康課]

平成29年9月4日(月)から9月10日(日)までの7日間は、
全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間です。

[住民健康課]

・9月6日(水)14時から: 県立文学館
    一般の方も参加可能 入場無料です。

[住民健康課]

山梨県では、人権啓発や教育の一層の推進を図るため、県内各地域で開催される人権啓発に係る研修会等への講師派遣事業を実施しています。

[住民健康課]

平成23年4月18日(月)から常設人権相談所の電話番号が全国で統一され、ナビダイヤルが導入されました。

[住民健康課]

人権擁護に関するページはこちらです

[住民健康課]

生まれた時の体重が2000g以下または、身体の発育が未熟なままで生まれ、その治療のため指定医療機関に入院養育を必要とする方に対して、医療費の一部を助成する制度です。

[住民健康課]

妊娠中に14回、 道志村が健診費用を助成(一部自己負担あり)し、妊婦健康診査を受けることができます。

[住民健康課]

乳児(生後1歳未満)に2回、道志村が費用を負担し、医療機関で健康診査を受けることができます。

[住民健康課]

出生から0~2ヵ月の間に、道志村役場保健師がお伺いし健康チェックや相談などを行います。

[住民健康課]

妊婦・出産に関するページはこちらから

[住民健康課]

妊娠がわかりましたらなるべく早く、妊娠の届け出を行い母子健康手帳の交付を受けましょう。

[住民健康課]

社会福祉協議会が主催するふれあいサロンです。ご近所お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

[住民健康課]

「自分たちの住む道志村を、自分たちの手で住み続けられる村にしたい・・・」
こうした住民の思いから、新しい支援体制として生まれた有償たすけあいサービスです。

[住民健康課]

社会福祉協議会が開催する「ふれあいサロン」と同日に実施します。

[住民健康課]

道志村・山中湖村・鳴沢村の三村が合同で運動会を実施しています。

[住民健康課]

「にっこりコール」は道志村で安心・安全に暮らしていただくため、おもに一人暮らしの高齢者にテレビ電話をかけて安否確認や状況把握をするサービスです。
●日中独居となる高齢者・一人暮らし高齢者の方へ
 心配事や悩み事などを話してみませんか?光センターへテレビ電話で申し込んでください。

[住民健康課]

高齢者に関するページはこちらです

[住民健康課]

道志村地域包括支援センターのページはこちらです

[住民健康課]

高齢者のあらゆる相談に対応します。地域包括支援センターを積極的にご利用下さい。

[住民健康課]

こんなときは届出をしましょう

[住民健康課]

国民年金制度は自営業の方、会社員、公務員など、20歳以上60歳未満の全ての人が加入し保険料を納め、年金を受けとる制度です。

[住民健康課]

平成27年度道志村障害者就労施設等優先調達方針を策定しました。

[住民健康課]

一般財団法人 日本遺族会では、「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」への参加者を募集されています。

[住民健康課]

第十回特別弔慰金の請求期限が近づいています。
 平成30年4月2日までに、ご請求ください。

[住民健康課]

戦中・戦後のくらしの様子を今に残す歴史的な資料を、収集・保存・展示している国立の施設「昭和館」の巡回特別企画展が開催されます。本県での開催は初めてと、大変貴重な機会ですので、是非ご覧ください。

[住民健康課]

村民の皆さんにおかれましても、それぞれの家族や職場において黙とうにご協力ください。

[住民健康課]

母子や育児に関することはこちらから

[住民健康課]

3歳児健診での虫歯ゼロの幼児、小学校6年生の歯科健診で虫歯ゼロの児童
、中学校3年生の歯科健診で虫歯ゼロの生徒を表彰します。

[住民健康課]

2ヵ月に1回、臨床心理士や保健師が保育所に行き、集団の中での児童の様子をみながら“すこやかな児の成長をはぐくむ”ための助言や支援を行います。

[住民健康課]

外国人住民にも日本人と同じく「住民基本台帳法」が適用されます。
平成24年7月9日から現在の外国人登録制度が廃止となり、外国人住民は日本人と同様に住民基本台帳法の適用対象となります。

[住民健康課]

道志村では、絵本を通じて赤ちゃんとゆっくりふれあい、心安らぐひとときを過ごしていただくことを願い、「ブックスタート事業」を実施しています。
10ヶ月児のお子さんを対象に乳児健診の際、おすすめ絵本を1冊プレゼントします。

[住民健康課]

平成22年4月より、乳幼児の感染症を予防し、道志村で安心して過ごすために、予防接種についての助成を行ないます。

[住民健康課]

熱中症の発症数が急増する7月は熱中症予防強化月間です。

[住民健康課]

○つぼみっこくらぶとは、保育所入所前のお子さんとお母さんを対象とする、親子の交流の場です。

[住民健康課]

健やかな発達発育を確認する大切なものです。医師・歯科医師・保健師・栄養士・心理相談員がスタッフとなり、4ヶ月児健診・7ヶ月児健診・10ヶ月児健診・12ヶ月児健診・1歳6ヶ月児健診・2歳児健診・3歳児健診を同日に行っています。

お問い合わせ

〒402-0209
山梨県南都留郡道志村6181番地1
TEL.0554-52-2113
FAX.0554-52-2572

お問い合わせはこちら